友鮎会のほ~むぺ~じは、全国の鮎釣りファンが九頭竜川でよりいっそう楽しく鮎釣りをしていただくための応援サイトです。

友鮎会のほ~むぺ~じ

九頭竜川はここやざ。

越美山地の岐阜県境の油坂峠付近に源を発し、石徹白(いとしろ)川・打波川を合わせ大野盆地に出る。ここで真名川と合流、さらに勝山盆地で滝波川を入れ、越前中央山地と加越山地との間にできた地溝性の谷底平野を西に流れ、鳴鹿(なるか)・松岡付近で福井平野に出る。 中州が発達し、森田町付近より蛇行をはじめ、福井市北楢原(ならはら)町付近で日野川を合わせる。これより、大きく蛇行しながら北流し、三国町内で竹田川を合わせ、三里浜砂丘の北端を経て日本海に注ぐ。流路延長116km、日野川・足羽川を含む全水系の流域面積は 2,930k㎡で、福井県内では最大の河川である。

和泉村下山から大野市柿ヶ島までは、荒島岳の山麓に分布する硬い勝原閃緑岩(角閃石閃緑岩)の下刻が進み、深い峡谷状となり、九頭竜峡と呼ばれている。大野盆地から鳴鹿までの中流では、その両岸に河岸段丘(低位段丘) がよく発達している。福井平野への出口には、鳴鹿取水堰堤付近を扇頂とする発育不良の緩やかな扇状地が拡がっており、九頭竜扇状地と呼ばれている。これより、自然堤防の発達する氾濫源となり、やがて河口付近の極めて低平な三角州低地に移行する。現河床の堆積物である 礫(れき)の平均径は、勝原閃緑岩の場合、小舟渡で約25m、松岡で約12m中角橋で約5mである。

九頭竜川に残る歴史と伝説

越前には男大迹王(おおどのおう)の伝説が残されている。
むかし越前平野は一面に水がみなぎっていた。王はこれを悪竜の仕業とみて、水を治めるため足羽山(あすわやま)に登り、海に向かってかぶら矢を射た。矢は水の上をぐるぐる回っていたが、やがて海の方へ飛んでいった。すると水は海へと流れた。
(『福井県の伝説』より)

やがて男大迹王は迎えられて大和に上り継体(けいたい)天皇となる。鳴鹿から登って六呂瀬山(ろくろせやま)古墳に出ると、九頭竜川が潤す越前の平野が一望のもとになる。古代の人びとは白く光る古墳の葺石(ふきいし)を、平野から仰ぎ見ていたことだろう。

福井県の主な河川と場所

福井県の鮎釣りが出来る主な河川の紹介(株)橋本確文堂発行「北陸の河川」より

ページ上部へもどる