友鮎会のほ~むぺ~じは、全国の鮎釣りファンが九頭竜川でよりいっそう楽しく鮎釣りをしていただくための応援サイトです。

友鮎会のほ~むぺ~じ

2016年九頭竜川中部漁協鮎情報発信は終了しました。

九頭竜川ってどこやの?


更新履歴と新着情報

最終更新日:2018年8月12日(日)

2018年8月12日(日)
九頭竜川中部の状況について
水位はほぼ平水、にごりはありません。
鮎の大きさは平均的に大きくなってきていますが、かなり場所ムラがあって釣果は今一つ上がって来ていません。
2018年8月7日(火)
九頭竜川中部の状況
川の水位は減水気味ですが濁りはありません。
釣果の方は、全体として今一つ上がって来ていません
連日の暑さで鮎も深トロに潜んでいるのか?
トロ場での泳がせている釣り人の姿がやや目立ってきているようです。
2018年8月3日(金)
九頭竜川中部の水況について
川の水位はほぼ平水、にごりはありません。
釣果は場所によってかなりムラがあります。
鮎の大きさも日によってまた場所によって大小差があります。
2018年7月31日(火)
九頭竜川中部の水況について
本日の水位は平水より約20~30cm減水、濁りはほとんど気にならなくなるほど回復してきました。
2018年7月29日(日)
九頭竜川中部の状況
川の水位は、平日はダムの放水などの影響で平水ですが週末は20cm前後減水になっています。ささ濁り状態は続いていますが、以前よりは濁りはとれてきています。釣りには問題ありません。
2018年7月26日(木)
九頭竜川中部の状況について
川はささ濁り状態が続いています。
釣果は日によって、場所によって数に差があります。
またよく釣る時間帯もあるようです。
比較的、釣り人が多い場所が釣果はよいようです。
2018年7月22日(日)
九頭竜川中部の状況について
水のささ濁り状態は続いていますが、釣果は日々良くなっています。
特に、鳴鹿堰堤上流は20~30尾前後と下流に比べて少ないですが
鮎のサイズは全体的に良型がよく釣れているようです。
2018年7月20日(金)
九頭竜川の状況
水位はほぼ平水、川は7月上旬の大雨の影響でうす濁り状態が続いています。
濁りが完全にとれるまでまだしばらくかかるでしょう。

鮎の釣果について
川のうす濁り状態は、鮎釣りには問題なく各地の釣果は上向いて来ています。
川底の石垢も付いて来ています。
今後、九頭竜川中部の釣果は更に良くなってくるものと期待しています。
2018年7月16日(月)
九頭竜川の状況について
気温の高い日が続き、鮎の動きもよくなってきました。
釣果の方は、釣り場によって上向いて来ています。
2018年7月15日(日)
九頭竜川の状況について
水位はほぼ平水に戻りつつあります。
増水後のささ濁り状態はまだしばらく続きそうです。

釣果は、九頭竜川中部全域でやや回復傾向にあります。
石垢が残っている場所を狙って竿を出しましょう

友鮎会のほ~むぺ~じ管理者:一木(いちき) 九頭竜川中部漁協組合員
日本一短い手紙「おせん泣かすな馬肥やせ」でお馴染みの城下町…福井県丸岡町在住。
お問い合わせはこちらから

管理人の主な経歴

昭和39年7月
鮎釣り初体験
昭和45年8月
九頭竜返しを会得
昭和49年4~8月
40日間連続体験記録達成
昭和60年7月28日
友釣り自己最高記録160匹
昭和63年8月3日
中日鮎釣り名人大会準優勝
平成元年8月5日
同 鮎釣り名人大会6位入賞
平成12年7月15日
マミヤ・ジムニーカップ予選北陸大会準優勝
平成14年9月
第一回福井ホームページ大賞2003(福井新聞社様主催)
一般の部「優秀賞」受賞!!